FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『この世界』

いわゆるスマブラワールドの超個人的解釈。



続きから。



いわゆる『オリジナル』とは異なった『フィギュア』の世界。
2割の実存(=フィギュアと言う偶像)と8割のイメージで構成されている。
多分本当は学習机の上とか、子ども部屋の床とかっていう、極めて狭い空間

ファイターたちは、オリジナルに限りなく近い存在だけれども、決してオリジナルにはなれない存在。

亜空の使者の物語は、イメージの崩壊とか、そんな感じ。
よく言えば現実への回帰、悪く言えば思考の画一化。

マスターハンドはフィギュアで遊ぶ子どもの手。
クレイジーハンドはフィギュアを壊してしまう子どもの手。
タブーは迫り来る現実。

ざっくり言えばそんな感じ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Mr.Bon

Author:Mr.Bon
自堕落系書店員。
物書き目指して徐行運転中。
おたくだけれど、腐女子じゃないのでご注意を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
Pixiv
Other

Smash Bros. Sarch

htf links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。